レーシックイメージ

レーシックのレーザー治療で視力回復

今眼科に行くと必ずと言っていいほどレーシック手術の広告は目にします。
また、近その成果もあってこのレーザー治療を受ける人の数もどんどん増えてきています。
私もそのレーシックを受けるかどうか悩んでいる人物のひとりであり、私の友人など身の周りには何人か実際に手術を受けたという人がいます。
このレーシックによるレーザー治療を言うのはまず角膜を剥ぎ取りその中にレーザーを当てます。
そしてピントの合わなくなった角膜を削ることによってふたたびピントが合うようにするという治療です。
一見角膜を剥ぐやその中に治療をするなどということはとても怖く感じます。
しかし、これは科学的根拠に基づく治療なのであまり過敏に怖がる必要はありません。
これが成功するときちんとピントが合うようになり今までの見えなかった世界が裸眼にて見ることができるようになるのです。
私の友人もみなきちんと成功していてとても見えやすくなったと言っています。
こういう風にかなり技術が確立されるようになり、利用した人も増えてくることによってかなり価格的にも安くなってきています。
その眼科の医院によってまちまちですが、この治療ができた当初は30万円近くしていたものが、いまでは10万円程度で受けられるようになってきています。
一見10万円と聞くとかなり高いように感じますが、生涯のうちに何本も自分に合った眼鏡を購入したり、何回も眼下に出かけてコンタクトレンズを購入する資金のことを考えたら10万円で見えるようになるのですから長い目で見れば安く済みます。
また、コンタクトや眼鏡をつけなくてよいという手間的にもかなり楽にもなりますし、コンタクトなどではよく不潔にしていたことが理由による感染症や、つけっぱなしによる網膜剥離などの危険性もありますが、自分の眼の視力が戻ってしまえばそんな心配は全くありません。
しかし、私も含めこの手術を受けようという人はかなり慎重に受けなければならないというのも事実です。
どういうことかと言うと、まずはこの技術のことを自分なりに学び、きちんと危険性やリスクを考えたうえで行動に移さなければならないということです。
何よりこの中でも肝心なのが危険性の認知と自分の信頼の置ける医院で受けるということになります。
この技術は大分受ける人が多くなり歴史を重ねてきているといってもまだ100パーセント成功するといったことは保証されていません。
また、この手術を受けて何十年後にどうなるかということも未開でまだわかっていません。
そういったことを理由にして私はこの手術を受けるかどうかの決定打を欠いています。
かなりの成功率なのでやりたい気は満々なのですが、どうしてもごくわずかな危険性に躊躇してしまっています。
こういったことを払拭して受けるにしても、やはり怖いから思いとどまるにしても、どちらも自分の受けてみたいと思える医院での相談をする必要があります。
十分にリスク、金銭面、入院がいるかどうかなどの説明を要求し、認知した上で「最終的に決断を下す必要があるのです。
まかり間違っても効果だけに飛びついて何も考えずに手術を受けるということは無いようにしなければならないのです。
また、レーシックにおける痛みについても気になる点ですよね。参考にご覧ください。

Copyright(C) 2010 れーしっくの費用.com All Rights Reserved.