レーシックイメージ

レーシック手術の安全性

ここ数年で、急激に人気が高まっているレーシックですが、やはりいまだに「眼の手術をして視力が回復するのはなんだか怖い」「スポーツ選手だけで良いのでは」という意見が目立ちます。
しかし、手術自体、は正しい知識を知れば知るほど、外科手術の中でお、非常に安全性の高い手術の一つだといえます。
視力回復手術は、世界中で行われている視力回復手術ですが、これまでにほとんど、失明をした人はいません。
では、どのような手術なのでしょうか、簡単に言いますと、レーザーを使った最先端の視力回復手術だ、ということを頭に入れておきましょう。
近視の場合、眼のレンズのピントが合っていない状態になります、なので、ぼやけて見えるのです、凝れば近視の状態で視力が悪いということなのです。
その眼のレンズにレーザーを当てることにより、角膜を削って凹点図を作り、屈折率を変えてピントが合った状態に戻すというのが、レーシックの視力回復手術になります。
手術後視力回復している回復視力の度合いは個人sがありますが95パーセントの人が1.0という報告があります。
会k服の効果は、1週間2週間ほどで完全な状態まで視力が回復します、その後1か月ほどで完全に視力が安定します。
近年、レーシック難民という言葉がしばしばメディアで取り上げられています、手術後に眼の感染症や、合併症などの問題が生じたにもかかわらず、適切な治療も受けることができず、放置されてしまっている人たち、を指します。
お金を払ってレーシックを受けたにもかかわらずに、視力が改善するどことか疾患を抱えてしまい、さらに治療もままならないという状況で、こうした人たちが増えてきているのです。
難民の、問題の背景には十分な情報収集の不足であると指摘されています。
もちろん、そうした問題の直接の原因となっているのは、あまりにも安い費用で、レーシックを提供する業者が衛生管理の面で、不十分であったり、技術不足であったりなどとも指摘されています、しかし、医療行為の内容を、十分に医師から伝え、万が一の際の補償や、再手術の契約をするインフォームドコンセントは、現在の日本ではもはや、常識となっています。
特にデリケートな眼の手術ですと、医者と、患者の間に十分なコミュニケーション、患者の事前の情報収取などが非常に大切でしょう。
というような安易な考えは、持つべきではありません。
まずは、手術について、正しい知識を身に着けて、より安全性の高いクリニックを選びましょう。
一つの眼科クリニックだけではなく、複数の眼科に診察に行って、相互比較をすることが重要です。
実際に、手術に踏み切る前の段階ゆえに、セカンドオピニオン以前の話ですので、診療情報提供書の作成や医院を代ることでの医師への気遣いなどは不要です。
ご自分の大切な眼にメスを入れることですから、遠慮せずに、3から4医院を回って適性検査を受けたり、医師と相談ししたりして、幅広く比較していただきたいです。
手術の安全性について、コンタクトと比較しますと、コンタクトレンズは眼に大きな負担をかけてしまい、視力が徐々に落ちるといわれています。
とくに、ハードコンタクトレンズの場合です、そういった意味でも、手術のほうが安全と言えるでしょう。

Copyright(C) 2010 れーしっくの費用.com All Rights Reserved.